掻き落とし

2016年末に定年退職しました。 このブログでは、埼玉県比企郡鳩山町を中心にした植生写真を掲載します。 その他、その地誌、趣味の木工、旅行、お酒にも触れます。

陶芸教室 (5報)⇒花器焼成

 大東大オープンカレッジ陶芸教室の第5報最終です。
今回は花器の記事を書きます。

 まずはPhoto. 1 をご覧ください。
これを用いて、これから作る花器のイメージを説明します。
写真の花器は、下部の4角柱状の筒型部(以降4角筒とします)と上部の小さい円筒から構成されています。
これから作る花器は、下部の4角筒は同じですが上部は円筒ではなく小さい4角筒から構成されます。
このような花器は、あまり目にしないように思われます。
イメージしていただけたでしょうか。

i-img900x1200-1527056823eydrbz946986
Photo. 1 製作する花器のイメージ(引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p608765205

 今回使った技法は、成形に関してはたたらの貼り合わせというものです。
また模様の技法に関しては、フリーカップで経験済みの掻き落としとなります。
ざっくり申しますと、タタラ作りした板状のタタラを組み合わせて立体化するということになります。
直感的にいうと、目的の立体図形を展開したときにできる板状の要素部分をくみ上げるということです。

 下記に手順を書きます。

1⃣下部の四角筒の成形

1) タタラの準備
2) タタラに紙型を押し当て、高さ150mm底辺100mm程度の台形4個、一辺100mm程度の正方形1個をカット
3) 台形を側面、正方形を底面となるようドベ(粘土を水でといだ糊状のもの)で接着貼り合わせ、底のある四角筒容器 A(実際は上方に向けて萎んだ筒)を成形

2⃣上部の小さい四角筒の成形

4) タタラに紙型を押し当て、高さ40mm底辺50mm程度小さい台形4個、一辺70mm程度の小さい正方形1個をカット
5)上記の一辺70mm程度の小さい正方形の中央に40mm正方をカット
6)台形を側面、正方形を底面となるようドベで接着貼り合わせ、側面から底が張り出した四角筒容器 B(実際は上方に向けて萎んだ筒)を成形

3⃣上下の四角筒の合体

7)四角筒容器 A に四角筒容器 B をドベで接着貼り合わせ
8)素地土(灰色)に白色系の化粧土をかけて乾燥

4⃣掻き落とし

9)模様の考案
10)模様を転写、表面の白色系の化粧土を削出し
11)色付け
12)釉薬かけ
13)焼成

 この工程で、生徒は2)-7),9)-11)を担当し、先生は1),8),12),13)を受け持ちました。
Photo.2 に上記工程の7), 8)の写真を示します。
Photo.1 と先の説明からからイメージしていただいた花器と類似していましたでしょうか。
4角筒型の陶器はろくろではできないので、この教室の主題である手捻ならではの形態でないかと思います。
しかも花器の口部も4角筒型となっており、なかなか珍しい形態の花器ではないかと考えています。


IMG_20180608_110929IMG_20180622_095541
Photo. 2 花器製作の途中の過程
左:上下の四角筒の接着貼り合わせ後、 右:素地土(灰色)に白色系の化粧土をかけて乾燥後

次にPhoto. 3 に工程9) において考案した模様を示します。
花器の側面が4面ありますので、各面に植物を描くことにしました。
春の山野草ナルコスゲ以外の3種は秋口の山野草です。
根生葉ススキナルコスゲ蔦系アマチャズルスズメウリといった対比も意図しました。
今回は工程11) の色付けに時間の余裕があり、手間をかけることができました。

IMG_20180622_095210
Photo. 3 考案した模様
上左:アマチャズル、  上右:ススキ
下左:ナルコスゲ、   下右:スズメウリ

 完成品をPhoto.4 に示します。
今回は色付けに手間をかけることができたせいか、今までの中では満足できるできると自画自賛してます。
惜しむらくは、釉薬に斑を生じた面が2面ありました。
これも景色として楽しみましょう。


IMG_20180804_085101IMG_20180804_085048
IMG_20180804_085113IMG_20180804_085030
Photo. 3 完成した花器春秋山野草4種の花活
上左:アマチャズル、 上右:ススキ
下左:ナルコスゲ、   下右:スズメウリ

 花器の底の銘は、今回も”INF.”です。
これは私の木木木の工房INFINITYのロゴマークです。
 
IMG_20180804_085132


 さて今回で大東大 オープンカレッジ陶芸(手捻)は終了です。
次回は陶芸(ろくろ)に挑戦しようかと考えています。

陶芸教室 ( 2報 ) ⇒フリーカップ焼成

 大東文化大学(大東大)オープンカレッジでの陶芸の報告記事です。
以前にフリーカップの記事でカップの成形までを書きました。
その後の手順としては、下記となります。

1) フリーカップ成形(素地土:灰色、焼成後は褐色)
2) 素地土上に白色系の化粧土をかけて乾燥
3) 模様を考案
4) 乾燥後フリーカップ表面に模様を転写、表面の化粧土を削り落とす
5) 乾燥
6) 色付け
7) 釉薬をかけ焼成

このような技法は、掻き落としと呼ばれます。
上記4)の工程が掻き落としの核心となります。
この陶芸教室では、生徒は1), 3), 4), 6) を実習し、2), 5),7) は先生が担当しました。

 Photo. 1をご覧ください。
上記1), 3), 4) のステップでの写真ですが、イメージがつかめるでしょうか。
考案した模様としては、Photo. 1の中に示しましたような大波に揺蕩う千鳥としました。

IMG_20180518_112045IMG_20180622_095405IMG_20180608_113950
Photo.1 掻き落とし技法の手順
左:フリーカップ成形(素地土:灰色、焼成後は褐色)、
中:考案した模様”大波に揺蕩う千鳥”、 右:掻き落とし直後

 次に最終的な完成品を示します。
Photo. 2 をご覧ください。
大海の波に青を色付けしてみました。
時間が限られていたため丁寧な色付けができなかったが悔やまれます。
が、これはこれで荒々しい感じに仕上がっているとも言えます。
千鳥は目と尾羽辺りの三日形だけを残して化粧土をすべて削っています。
削った部分が、素地土の焼成部分で明るい褐色を呈しています。
千鳥のサイズですが、写真の中央の1羽だけあと2周り程度大でもよかったのではないかと思われます。
IMG_20180716_142210IMG_20180716_142228IMG_20180716_142241
Photo. 2 フリーカップ完成品「大波に揺蕩う千鳥

 フリーカップは、別にもう1品作成しました。
Photo. 3 をご覧ください。
この模様は、デフォルメしたと幾何学模様の入れ子です。
幾何学模様は、飛騨組子あるいは網代模様の一崩しとなっています。
上下の縁の帯が、素地土の焼成色で明るい褐色です。
掻き落としの時間が十分取れなかったため、蕨の表現としてはヒゲとか点を使ってグラデーション化したかったのですが・・・。
また、蕨自体の緑の色付けももっと時間をかけたかったのですが・・・。

IMG_20180716_142056IMG_20180716_142005IMG_20180716_142028
Photo. 3 フリーカップ完成品「網代模様の一崩し

 順次焼成品が続きますので、記事とします。

ギャラリー
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-2)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その2
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-1)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その1
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
プロフィール

nonchan

ブログデビューしたてのビギナーです。 定年リタイア後、ルーティンとして週5のウォーキングと週2のスイミングを課してます。 ブログでは、わたし流の生活から派生した事項を載せるつもりです。 まずは、ウォーキング中に撮影した自宅付近の植生の写真を載せます。 趣味の木工も掲載しようかと考えています。