アセボ

2016年末に定年退職しました。 このブログでは、埼玉県比企郡鳩山町を中心にした植生写真を掲載します。 その他、その地誌、趣味の木工、旅行、お酒にも触れます。

わたし流の庭の植物たち(その3: 4月23日~29日)

 わたし流の庭の植物たちを紹介しています。
日記風にfacebookに記載していたものをまとめました。
内容を少し追加したりしています。
まずは春編(3)です。


(1) 4月23日
 
 本日の花は、ウツギです。
ウツギは「空木」で、茎が中空であることに由来します。
花弁は純白の5弁花で、花軸にはおびただしい数の花弁を咲かせます。
深い緑色の小型の葉身は、花弁と調和しています。


93778184_2715028548730144_292425910659842048_o



(2) 4月24日

 本日の花をご存知でしょうか。
この植物は、ムサシアブミと申します。
ムサシアブミは「武蔵鐙」で、武蔵野国で作られた鐙を意味します。
3枚目の写真にあるように、鐙は馬具です。
2枚目の写真に示しているように、花のように見えるのは花弁ではなくブツエンホウ(仏炎苞)と呼ばれるものです。
仏炎苞で有名な植物は、ミズバショウです。
ムサシアブミではこのブツエンホウの内部に花が隠れていて見えません。
ムサシアブミは、雌雄異株です。
写真の個体は雌株で、秋口に赤い実がなります。

94094365_2715846525315013_56030695939637248_o
94400036_2715846871981645_7499350934217031680_o
94390395_2715857795313886_3926903811506962432_o



(3) 4月25日

 本日の花は、ツリガネスイセンです。
釣鐘状の花弁を総状に咲かせます。
花弁の色は、紫かかった青色です。
葉は根生葉で、鈍い灰色がかった緑色です。
花弁と葉身の色合いは、和風というよりヨーロッパ的です。
ちなみに植栽したつもりはないのですが、いつの間にか居座っています。

94483304_2716722041894128_7022601700275912704_o


(4) 4月26日

 本日の花は、アセビまたはです。
アセビは、「馬酔木」です。
壺型の花弁を複総状に咲かせます。
花弁の色は、白色です。
葉は濃い深緑色です。


94484911_2717660745133591_103029745670684672_o



(5) 4月27日

 本日の植物をご存知でしょうか。
え!これ花無いじゃないか?
葉身の中央を注意してみてください。
この植物の名称を知ってらっしゃる方は、植物オタクかもしれません。
実はこの植物は、ハナイカダと申します。
ハナイカダは、「花筏」です。
ハナイカダは、雌雄異株です。
花をズームアップしたのが、2番目の写真です。
花弁は4枚で、花弁中央にメシベ柱頭が見えます。
従いまして、我が家の花筏は雌株となります。

94889595_2718371845062481_4022880185790496768_o
94455088_2718371985062467_215750311950680064_o


(6) 4月28日

 本日の花は、ツルニチニチソウです。
ツルギキョウともいいます。
蔦で成長する植物です。
花弁は5枚で紫がかった青色です。
葉は緑色ですが、この写真ではどれがツルニチニチソウの葉であるかわかりませんね。
とにかく繁殖力が旺盛で、この写真のように蔦をはやしていたるところに侵入してきます。

94504667_2719176121648720_6647306641907646464_o


(6) 4月29日

 本日の花は、シランです。
シランは、「紫蘭」です。
鮮やかな赤紫色(紅紫)の花弁です。
花の形状は唇形で、中央下部の花びらは波を打っています。
葉身は長だ円形で鮮やかな黄緑色です。
花と葉の鮮やかな色の対比が印象的な花です。


94779681_2720005708232428_7128083185077846016_o
95387945_2720005931565739_5100230989204946944_o

石坂の森のウォークで春を感じました!

本日は、鳩山町の石坂の森を回遊しました。

林内には常緑低木のアオキ(青木)、サカキ(榊)、ヤブコウジ(藪柑子)、アセビ(馬酔木) などが見られました。

数こそ少ないですが、アセビにはPhoto. 1 に示しますように既に花を持つ個体もありました。
立春過ぎでもあり、春が近接していることを時間しました。


ツツジ科>アセビ属>アセビ(馬酔木)
[学名]: Ericaceae Pieris japonica (Thunb.) D.Don ex G.Don subsp. japonica


1) 学名のEricaceaeは、ツツジ科の科名です。
2) Pierisは、アセビ属の属名です。「ギリシャ神話の詩の女神 Pieris から採った名。ツツジ科アセビ属。」[#1]
3) japonica は、日本産のという種小名です。
4) (Thunb.) は、初めて命名した原命名者がThunb.であることを表記しています。
      Thunb.は、Carl Peter Thunberg ということです。
5)D.Don ex G.Don が学名を変更したことを表記しています[#2]
      D.Don ex G.Donは、David DonとGerge Don ということです[#2]
6)subsp. japonica は亜種名を表し、 japonicaが亜種名であることを示しています。

IMGP0042
Photo. 1   アセビ(馬酔木) Ericaceae Pieris japonica (Thunb.) D.Don ex G.Don subsp. japonica


 石坂の森内の見晴らしの丘からは、群馬県の赤城山の他、雪を被った日光の山々が飛び込んできました。
Photo. 2 (a) には、見晴らしの丘からの北方向の近景写真をのせました。
赤城山系が、認識できますでしょうか。
またPhoto. 2 (b) には、見晴らしの丘からの北北東方向の遠景写真をのせました。
薄っすらですが、日光山系を認識できますでしょうか。


IMGP0038IMGP0039
                                  (a)                                                                         (b)
Photo. 2   石坂の森内の見晴らしの丘からの近景(a) と遠景(b):
近景には赤城山系、遠景には日光山系を見だされます。



参照文献
[#1]: "属名解説". 百科瞭然. http://www.geocities.jp/nonkihoke/ryozen/zokumeik.htm#[D]
[#2]: "植物学者の略記一覧(M-R)". https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%95%A5%E8%A8%98%E4%B8%80%E8%A6%A7_(M-R)#P




ギャラリー
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-2)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その2
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-1)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その1
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
プロフィール

nonchan

ブログデビューしたてのビギナーです。 定年リタイア後、ルーティンとして週5のウォーキングと週2のスイミングを課してます。 ブログでは、わたし流の生活から派生した事項を載せるつもりです。 まずは、ウォーキング中に撮影した自宅付近の植生の写真を載せます。 趣味の木工も掲載しようかと考えています。