新酒の季節がやってきました。
わたし流の新酒の楽しみは、知る人ぞ知る毛呂山町の麻原酒造もろみ酒です。
正式な名称は、琵琶のさざ浪 純米活性もろみ酒です。
麻原酒造さんでは、どぶろくと呼んでいます。

 今年は12月中旬に若葉にある酒店キングショップ誠屋さんに予約を入れておきました。
12月22日に誠屋さんから電話で連絡を受け、早々に購入しました。
750ccの瓶2本を手に入れました。

 早速その晩に頂きました。
Photo. 1 をご覧ください。
つまみは、イカの丸干しです。
このイカの丸干しも、なかなかの珍味です。
能登の名物で肝いりのため、焼くと香ばしさがたまりません。
この珍味は、南古谷駅前のやき亭さんで味をしめた逸品です。
やき亭さんは木工学校(川越高等技術専門校)の指導員の先生の行きつけの店で、木工修行中の昨年先生と60歳代の仲間数名ととほぼ毎週寄っていた飲み屋さんです。
先生と仲間の顔が浮かび上がり、1年前の懐かしさに満たされた時間となりました。


IMG_20181223_164127
Photo.1 もろみ酒イカの丸干し