花台

2016年末に定年退職しました。 このブログでは、埼玉県比企郡鳩山町を中心にした植生写真を掲載します。 その他、その地誌、趣味の木工、旅行、お酒にも触れます。

4方十字組手 (3本組木)を作製しました!

 今回4方十字組手 [1]3本組木とか呼ばれているものを作製しました。
いままでの組手、すなわち飛騨組手(千鳥格子)螺旋組も2次元的組手でしたが、今回は3次元的組手となります。

 Photo. 1 をご覧ください。
これが4方十字組手 (3本組木)です。
この写真では組手は、1点支持の設置となっています。
一点支持の設置とは、下面と接地するのは1個の角材のみの設置の仕方をこう呼ぶことにします。

 4方十字組手 (3本組木)は、3本の角材から構成されています。
角材は、サイズがすべて30mm×30mm×200mmのスプルースです。
しかし直交している部分の内部構造、言い換えますと各角材の相欠きの構造は3本すべて異なります。
この組手の技法の詳細は、別途ご紹介いたします。
この組手技法は宮大工職人の技法として伝達されてきたようなのですが、実際の建築例は少ないようです [1]
なお近年、隈研吾氏がこの技法を応用して建造物を構築したということです [2]
この組手が3次元的組手である特徴をうまく利用していますね。

 
IMG_20180529_102206
Photo.1 4方十字組手 (3本組木):下面と接地するのは1個の角材(1点支持の設置)


 この木組みはPhoto. 1のような1点指示の置き方では安定的ではありませんが、Photo. 2に示しますような3点支持にすると安定しますので、オーナメントとして利用できます。
また置台としての可能性もあると考えられます。
試しに台としての適用を試みました。
Photo. 3 をご覧ください。
花台、岩石+香炉台、他のオーナメントの置台とかの応用の可能性もあるかと考えられます。
岩石+香炉台は、ちょっとリスキーですが・・・。
特に今回は30mm角長さ200mmの角材でしたが、より細めにより長めにすれば安定性も増強し応用が広がりそうです。

IMG_20180529_102057
Photo. 2 4方十字組手 (3本組木):下面と接地するのは3個の角材(3点支持の設置)

IMG_20180529_102308IMG_20180529_113501IMG_20180529_102455

Photo. 3 4方十字組手 (3本組手)の応用例:左:花台、中:岩石+香炉台、右:オーナメント台




参照サイト





螺旋組を作製!!!

 今回は、螺旋組オーナメントを作製しました。
Photo. 1をご覧ください。
三角螺旋組と呼ばれている組木です。
3本の20mm×25mm×150mmのホワイトウッドから構成されています。

IMG_20180527_145013
Photo.1 三角螺旋組


 次にPhoto. 2をご覧ください。
六角螺旋組と呼ばれている組木です。
6本の15mm×15mm×175mmの杉材から構成されています。

IMG_20180527_145946
Photo.2 六角螺旋組


 この組木螺旋組と呼ばれているようなのですが、出典が不明です。
前回と前々回で飛騨組木(千鳥格子)技法の原理をご説明いたしました。
実は今回の螺旋組の技法は、飛騨組木(千鳥格子)技法の延長線上にあります。
ご興味のある方は、螺旋組の技法を解明してみてください(螺旋組技法の原理)。
先に飛騨組木技法をやや詳細に説明したのも、この技法が応用可能であるという理由からでした。
いずれ時を見て図解で螺旋組技法を説明したいとは考えています。
図を作成する余裕があればですが、・・・。

 Photo. 3、4 三角螺旋組六角螺旋組の応用例を示します。
そのままオーナメントととしても使用できますが、花台コースターとしての応用も可能です。
ここでは花台として応用してみました。

IMG_20180527_145309IMG_20180527_145837
Photo. 3 三角螺旋組の応用例:左;オーナメント、右;花台


IMG_20180527_150053IMG_20180527_150242
Photo. 4 六角螺旋組の応用例:左;オーナメント、右;花台






飛騨組子(千鳥格子)を作製!!!

一昨日は川島にあるカインズホーム工房にて飛騨組子(通称では千鳥格子)を作製してきました。
資材売り場にてホワイトウッド角材を購入して、工房を4時間借りられる権利を得ました。
角材のサイズは19mm×25mm×1820mmで、価格は478円でした。
鶴ヶ島のカインズ工房でのワークは経験済みでしたが、こちらは初めてでした。
ルールは同一でした。

 ワークベンチが3台あり、うち1台はすでに使用中でした。
大学生と思しき男性1人が何やら製作中でした。
当方も車から、ツール箱を2個運びこみました。
ツール箱の工具は、丸鋸、ルータ、定規類、鑿類といったところです。
主たる作業は、電動工具を使ったカットと切り欠きとなります。
電動工具を使用するのは久しぶりでしたので、切り欠きに時間を取られ完成に至りませんでした。
翌日自宅で胴付鋸と鑿類など手工具を用いて続行し完成させました。

 Photo.1 に示しました飛騨組子をご覧ください。
花台にしているのが、今回製作した飛騨組子です。
19mm(W)×25mm(H)×117mm(L)の直方体形状の角材6個から構成された組木です。
飛騨の伝統的組木として有名です。
横方向、縦方向に厚さ25mmの角材が互い違いに組まれています。
それはまるで竹細工の編み込みのようにみえます。
厚みの無い竹であれば、このように編み込むことは困難ではありません。
それでは厚さ25mmの角材を如何にして、竹細工のように編み込むのか。
回答は次回とします。




IMG_20180331_092209
Photo.1 飛騨組子(通称、千鳥格子

IMG_20180331_133920

Photo.2 飛騨組子(通称、千鳥格子
まるで竹細工の編み込みのように、25mm厚の角材が相互に入り込まれています!

 なおこの飛騨組子のことを千鳥格子と呼んでいます。
下記がそのいわれです[1]

******************************************************************************

今から360年前、飛騨の名工が旧軽岡峠(現高山市荘川町)

上り口に地蔵堂を造りました。

その格子戸の組子は、普通では組めない互い違いに組んだものでした。

どのように組んであるか外見ではわからい素晴らしい出来栄を、

昭和46年荘川村(現高山市荘川町)指定文化財に指定し、

これを「千鳥格子」と呼ばれるようになりました。

または、ねじれ組格子とも言われます。
******************************************************************************



参考文献

[1]:https://www.hidatakumi.jp/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E7%B5%84%E5%AD%90-%E5%8D%83%E9%B3%A5%E6%A0%BC%E5%AD%90%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

ギャラリー
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-2)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その2
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その9-1)ー実効再生産数に変わる単純な感染指標その1
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数に関しての考察(その8)ーPCR検査実施数と陽性率
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
  • わたし流の庭の植物たち(その7: 6月19日~28日)
プロフィール

nonchan

ブログデビューしたてのビギナーです。 定年リタイア後、ルーティンとして週5のウォーキングと週2のスイミングを課してます。 ブログでは、わたし流の生活から派生した事項を載せるつもりです。 まずは、ウォーキング中に撮影した自宅付近の植生の写真を載せます。 趣味の木工も掲載しようかと考えています。